男の人

近親者のみで行う葬儀形式|家族葬をするメリットとは

近親者のみで行う葬儀

花

葬儀費用が少なくなる

近年、大規模な葬儀を行う人よりも家族葬を行う人が増加しています。家族葬は、家族や近親者のみが参列して行う葬儀です。家族葬では参列者が少なくなりますので、葬儀場の使用料、会葬御礼、香典返しなどの費用が少なくなり、葬儀費用そのものが少なくなります。家族葬を行う場合には、葬儀に関する事前の打合せが重要です。家族葬を行う場合には、良心的な葬儀業者に依頼する必要があります。葬儀に関する見積書をもとに、葬儀の内容等を業者と打ち合わせる必要があります。通常の葬儀であれば参列者は香典を持参したり、供花を供えたりしますが、家族葬の場合には香典や供花などは受け取らないことになっています。家族葬では、故人とのお別れの時間が十分にとれます。また、葬儀を近親者のみで行うため、参列者への会葬御礼や香典返しなどの手配、香典の集計などの手間が不要となり、遺族の肉体的・精神的な負担等が軽減されます。故人の友人、知人、近所の方には、故人の遺志により家族葬を行うことを説明して、葬儀への参列を見合わせてもらうよう依頼する必要があります。葬儀後には、故人の友人や知人等へ死亡通知を送付する必要があります。福岡市は福岡県の県庁所在地であり、九州地方では最大の都市です。福岡市内には、多数の葬儀場があります。このうちのいくつかの葬儀社では、家族葬を専門に行っています。福岡市内で家族葬を行う場合には、インターネット上の口コミ情報等を参考にして、業者を選ぶことが重要です。

安心して葬儀を行うために

福岡で家族葬を執り行うときは自分の話をしっかりと聞いてくれて、親身になって対応してくれる葬儀社を選択しましょう。また、見積もりには葬儀にかかるすべての費用がしっかりと記載されている葬儀社を選定することも忘れないようにします。

小規模なお葬式

葬儀のスタイルも時代とともに変化し、福岡でも小規模な家族葬が選ばれることが増えています。費用を抑えられる、ゆっくりとお別れの時間が取れるなど多くのメリットがありますが、スムーズに進めていくためにも親戚や近隣への配慮はきちんと行っておきましょう。

簡易で落ち着ける葬儀

福岡で家族葬を選択する家が増えていますが、その理由は静かに葬儀が出来ることとかかるコストが少ないことにあります。家族葬の仕組みは規模を少なくし、一番低コストの直葬よりも満足できる葬儀にするというものです。家族みんなが納得できるお葬式にしていきましょう。